太陽光発電などのエコ設備を取り付けよう~エコライフ得々情報~

太陽光発電

自然エネルギーの活用

目安ははKW単価50万円

太陽光発電

太陽光発電は、再生可能エネルギーを利用した自家発電として、地球と環境に優しいエコライフの推進の大きな手段として、公的機関の屋根スペースや遊休地の活用や住宅用など多くの場面で導入実績があります。最近、滋賀県でも太陽光発電の見積もりを行ってくれるサービスが多くありますが、実際に見積もりを取ってみると非常にわかりにくいものです。太陽光発電システムの費用は、さまざまな項目で構成されているのに加え、最終的には、売電により生み出される収入によるメリットが支払金額に大きくかかわるので、滋賀県でも地域で変わってくるからです。太陽光発電の適正価格を考える上で目安になるのは、国の補助金給付における価格制限です。平成25年までは、KW当たりの単価50万円以下という基準がありました。これが一つの購入金額を決める目安になります。

滋賀県の日照時間は適地

2015年7月から、太陽光発電の電力固定価格買取制度は4年目に入いります。今までは、再生可能エネルギーの普及にため、高めの買取価格でした。結果的に、普及も進み発電設備としては、原子力を超える規模となっています。供給においては、天気の影響をうけるので安定性が非常に劣るので、まだまだ原子力を超える供給力はありませんが基盤の整備が普及したのは事実です。このように全国的に普及して太陽光発電ですが、滋賀県において発電に必要な日照は、実は他の県と同じではありません。滋賀県は、年間の日照時間は 2015.7時間とトップに比べて300時間程度の差であり差は少なく太陽光発電の適地です。冬に積雪と曇天がある東北地域はトップと900時間程度の差があり太陽光発電は厳しい場所です。